したいを楽しくするために、想いを明確にし、行動に移す 作業者ではいたくない!切磋琢磨し合える仲間でいたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

作業者ではいたくない!切磋琢磨し合える仲間でいたい!
ということで、私のサービスを見直すことにしました。

最近とあるクライアントとの契約を終了しました。
それを期に、自らを見直しサービスを見直すことにしました。

意図したサービスを提供できず、作業者となっていた

私には

作業者ではいたくない!
切磋琢磨し合える仲間でいたい

という思いがあります。

作業者をバカにしているわけではありません。
作業をしてくれる人がいないと困るのも、事実です。

実績はなくてもいい。相談相手になって欲しい!

私は長年広告業界に身を置き、現時点で約20年前。
その間、離婚、子育て、不登校、再婚と人生の酸いも甘いも、ある程度経験してきました。
そして、その20年間で社会的に制作物のクオリティや、技術も発展してきました。

私はその間、子どもの不登校と向き合うため、5年間広告業界から離れました。
そのことにより、広告業蟹復帰した時に、技術の進歩についていくのがやっとの状態でした。

そんな中、「デザインをすること」は、もう卒業しよう。
と考え始めていました。

同時に、身体にガタが出始め、パソコンに長時間向き合うことが辛くなり、
長時間作業をすることも苦しくなってきました。

そんな時、私にWEBを通して、ビジネスを展開していく「相談相手」になって欲しいと依頼がありました。
しかし、そのころは、マーケティングの知識はあるも、実際にどう生かして良いか不明確な状態でした。
また会社勤めだったため、会社にお伺いを立てたところ、「作ることに特化する。相談相手にはならない」という返事でした。

しかし、私はこのお客さまの
「マーケティングの実績はなくてもいい。相談相手になって欲しい」
という言葉がとてもうれしかったのです。

マーケティング実績を積むための転職

その不明確さを、具体的にするために転職をし、マーケティングである程度名のある方の下、仕事もしてみました。
しかし、その職場は半年後傾き、スタッフ全員解雇となりました。

この解雇の時、私が担当していたクライアント数名から、引き続き私にサポートをして欲しいと言われました。
しかし、その会社でも結局実践的なマーケティングをしていません。

私に何ができるか?
しかし、クラアントのホームページは中途半端なできのまま。
放置はしたくない。
しかし、会社からお金をもらえるわけでもない。
このクライアントは今私にいくら払えるのだろう?
私にできる精一杯を提供しよう。

と、サポートを引き受けました。

ターゲット不明確なまま、想いだけをぶら下げていた痛手

今回、その当時のクライアントの方との契約を終了しました。

契約期間中、
相談する先や、参考にされる先は、私ではありませんでした。
他の方に相談されることを、反対しているのではありません。

ただ、相談した結果、
私に再度相談することはなく、仕事はストップし、保留になりました。
その後それらの仕事は、動くことはありませんでした。

私には

  • お客様の意向を大切にしたい
  • お客様のペースを尊重したい
  • お客様と共に、進みたい

という思いがあったので、強く推すこともなく「待つ」状態なりました。
そういった状況で、時間だけが過ぎました。

そして、今回契約更新を期に、私からこのように提案をしました。
契約を解除し、私に作業依頼がある時のみ、お声掛けいただくのはどうかと提案しました。

答えは「YES」でした。

ターゲットが不明確なままだと、自分自身もクライアントにも悲劇を生む

そうなった原因をいくつか考えました。

  • 私はクライアントの要望や状況にも寄り添いながら、仕事を進めたいと考えていた
  • 無理強いはしたくないと決めていて
  • 待つ決めていた

という姿勢でいたこと。

今回はその姿勢が、不本意である「待ちの作業者」としてしまいました。

私の悲しみと落胆

私は、そのクライアントを応援したいと考えていました。
ですから、当初は一生懸命声をかけていました。

だからこそ、悲しく落胆を覚えずにはいられませんでした。

振り返ると、

  • 私がクライアントの思っている期待にそえなかった
  • 私がクライアントからの信頼を勝ち得なかった
  • そもそも、私と切磋琢磨しながらなんて、望んでおられなかった
  • 作業者と見なされたと言ってもある一部分でだけだった

私ができる作業も他社に依頼されてましたから、私はパートナーとして信頼されていなかったのかもしれません。
やはり私に望まれていたことと、私が提供したいと考えていたことが、一致しないままだったように思います。

ターゲット・サービス・強み…etcが曖昧な不利益

これこそが、ターゲットが曖昧なまま、ターゲットではない方をお客さまにした悲しい例です。
必ずしも、そうなるとは限りませんが…。

今回、
私が成り行きで独立したという背景。
その流れの中で、サポートを始めたクライアントであった。

ということもありますが、その中で

  • 私はクライアントの要望や状況にも寄り添いながら、仕事を進めたいと考えていた
  • 無理強いはしたくないと決めていて
  • 待つ決めていた

という思いが、私の中でも漠然としていたのではないかと思います。
ある意味、それを使ってクライアントに甘えていたとも考えられます。

自分の中に持つ「想い」を明確にしておかないと、

自分にとっても、クライアントにとっても、心地よい幸せな結果にはならない!
と言うことを身をもって経験しました。

私としては、とても残念な思いが残りました。

しかし、だからこそ、
私を更に明確にしたい!とフツフツと情熱が湧き上がってきました。

働きたくないが、応援をしたい!ともに喜びたい!

私は「働きたくない」という思いも、併せ持っています。
それと同時並行的に、私を選んだ人に対しては、精一杯のサポートとサービス提供をし、共に喜びたい!
とも考えています。

その部分を更に明確にして、関わる方々に情報発信をしないと、間違って私を選ぶことになります。
それは、今回の経験と同様、残念な結果を招くことになります。

これまで、繋がりの中、私にお仕事を依頼してくださる方々がおられました。
プラス、私が「働きたくない」と思っていたこともあり、自らのサービスを明確化していませんでした。

しかし、今回のこの結末を迎え、サービスを見直すことにしました。
間違って私を選ばないように。

  • 私は大儲けしたいわけでではありません。
  • 関わるお客様は、思いのある数人で良い。
  • 自由な時間を大切にしたい。
  • 身体にガタが来ているので、作業は作業が好きな人に回したい。
  • 私はマーケティングコンサルタントして、サービスを展開したい。

リマーケティング実施

そんなこんなで、積極的に集客しようとしてこなかったので、このサイトに関しても目的をもって運営していたわけではありません。
しかし、本当に今回悲しかったので、しっかり見直し、サービスもサイトも整備してまいります。

そのために、モニターコンサルも実施することにしました。

モニターへのコンサルをしつつ、自分自身のコンサルも実施し、私のサービスを明確にします。
ほんとうに提供したいサービスを提供し、ブラッシュアップし、こちらにサービスとして案内していきます。
ブログでは、進捗をアップしていきますが、サービス案内は暫くそのままにしておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*