お客様とどう関わり、何を伝えるかで、良い成果に結びつくかが変わります。
お客様とどう関わり、何を伝えるかで、良い成果に結びつくかが変わります。 思うような成果を 手に入れるために 何を考えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お客様とどう関わり、何を伝えるかで、良い成果に結びつくかが変わります。

 

あなはこのようにお困りではないでしょうか?

  • 情報発信(ブログ)しても、伝わらない
  • 思うような成果に繋がらない
  • サービスが思うように評価されない
  • サービスが理解されない
  • 思うようなお客様が来ない
  • 成果に繋がりづらいお客様が来る

マーケティングは、あなたのお客様を知り、理解し、あなたのサービスとお客様のニーズ、ウォンツにバチっとはまり、ひとりでに売れていくようにすることです。
これを先の言葉に落とし込むと、こういうことになります。

お客様とどう関わり
あなたのお客様を知り、理解し

何を伝えるか
あなたのサービスとお客様のニーズ、ウォンツにバチっとはまり

お客様を知り、理解するということ

お客様を知り、理解するということは、お客様の声に耳を傾け、無意識にある欲求を知ることです。
上辺の声だけを聴いていては、本当の欲求には気づけません。

これは、「お客様のニーズを聞く」ということではないということです。
ニーズに目をやるのではなく、ウォンツに目をやる必要があるのです。

これは、相手の頭の中の世界を理解していくことになります。
そこを理解して初めて、伝わる情報発信に繋がっていきます。

ニーズは満たされている

私たちのニーズはほぼ、満たされています。
ニーズとは「要求・需要・必要」を指します。

これは、日常生活を営む上で「足りない状態を満たす」ために欲することです。

しかし現代の日本で心底「足りない状態」で困っている人はいるでしょうか?
殆どそれは、ないのではないでしょうか?

  • カウンセラーも、多くいます
  • コンサルタントも、多くいます
  • 制作会社も、制作者も多くいます
  • 自動車もたくさんあります
  • 保育所も足りないと言いつつ、地方へ行けば余っているところもあります
  • 足りなくて欲しいと思えば、ネットですぐ手に入ります

このようにほとんどの「ニーズ」は既に満たされています。
満たされていないのは「ウォンツ」なのです。

この「ウォンツ」に働きかけることで、購買意欲が生まれるのです。

ウォンツとは

ウォンツとは「欲求」です。

例えば「ビデオデッキが壊れた!ビデオデッキを買おう!」となったとき。
ニーズは「ビデオデッキ」です。

では、ウォンツは何でしょう?

  • おもしろい番組を、録画したい
  • 画質が悪い録画のされた方はイヤだ
  • 毎回録画予約をするのは面倒だ

そこで欲しくなるのが「全録ビデオデッキ」となり、選ばれる理由になるんです。

ウォンツに響くように伝えるには

お客様の「ウォンツ」に響くように伝えていくには…

お客様の持つ「ウォンツ」を知り理解しようと努力してください。
そして、その「ウォンツ」があなたのサービスで満たされるということを、伝えてください。

そのために「ウォンツ」の背景に何があるのかを、しっかり見定めてください。

  • おもしろい番組を、録画したい
    → のんびり時間を過ごしたい
  • 画質が悪い録画のされた方はイヤだ
    → 気を散らされたくない
  • 毎回録画予約をするのは面倒だ
    → 時間を効率的に使いたい

といった、さらなる「ウォンツ」も見定め、その「ウォンツ」が生まれる背景にも目をやってください。

  • おもしろい番組を、録画したい
    → 毎日忙しいのかもしれません
  • 画質が悪い録画のされた方はイヤだ
    → 集中することで、ストレス発散になるのかもしれません。
  • 毎回録画予約をするのは面倒だ
    → 煩わしい時間を減らしたいのかもしれません

このようにシッカリその背景にも目をやり、文章で言葉で伝えていくのです。

そのために、お客様を知り理解するには、お客様の言葉をしっかり聞く耳を養ってくださいね。
それが、「お客様との関わり方」にも繋がってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*