違和感を持ったままだと、前に進みずらい 違和感を更に紐解くと、本来の自分が見えてくる|思考整理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

思考整理|違和感は徹底的に、問うてみる

先日この記事を書いたが、若干修正がある。
書いた記事はこちら。

この記事を書いた後、「仲間でありたいって本当?」と自分に聞いてみた。
なぜ説いたかと言うと、若干の違和感を感じていたのだ。

この違和感は、「綺麗ごと」「嘘っぽい」という違和感。
この違和感を払拭すべく、更に問うたのだ。

問うことで、更に奥の自分の思いが明確になる

すると、どうだろう。
「仲間としてともに、取り組みたいのだ」というのは理想で、実は何が何でも仲間でありたいというわけではなさそうなのだ。

そこには、
一作業者でも、全然良いよ!
むしろそのほうが、気が楽で作業にだけ集中できるから良いよ!
という私がいた。

私の、素直な声はこれらだ。

依頼したなら、報連相くらいまともにやろーよ。
私はあなたじゃないから、あなたがどういう状況にあるとか、心理的変化があったとか伝えてくれなきゃわからないよ。
曖昧な返信、放置。
一方通行のやりとりは、どうして良いかわからなくなるよ。

○日に確認しますね。と言ってできなかったら、2、3日中には状況伝えようよ。
忙しいとは聞いているから、数日は待ってるけど、4日も5日もなしのつぶては、スケジュールも立てられなくて困るよ。

突然公開!とか言われても放置してる未確認たくさんあるよ。
このまま公開して、ミス見つけて急遽修正!とか言われても、わたしにも段取りとか予定とかあるから、余裕のない仕事になってイヤだよ。
余裕のない仕事はミスを生むよ。
ほかのお客様にまで迷惑かかるよ。

ある日突然、どこまで進んでますか?
と聞いて来られると驚くよ。採算資料請求してるよ。
え!?見てないの?流し読み?返信くれてたよね?何読んだの?
私の報連相意味ないの?
私の作業は無駄なの?
やるせないよ。

自分の仕事観を垣間見た

これらは私からしたら、私

  • 思い
  • 知識
  • 時間
  • 技術
  • お金
  • スペース
  • 価値観

を、粗末に扱われたように感じのだ。

私を「粗末に扱われた」ように感じるのだ。
私を「粗末に扱う人」と、仕事をしたくないのだ。

なぜなら、私は

お客様の思い、知識、時間、記述、お金、スペース、価値観を
大切にしたいし、してきてるつもりだからだ。

完璧な関係性を求めているわけではない

しかしお互い、未熟な「人」と言う生き物。
そうできない時もあるかもしれない。
100%を求めようとも思わないし、100%そうであらなければ!と自らを縛る気もないが。。

しかし、
ベースにお互いを大切にし、
尊重し合う気持ちのある方と仕事をしたい。

お金払ってるんだから、いいじゃない!
お金払ってるんだから、これくらい我慢してよ!
待つのも、仕事でしょ!

と言う方とは、仕事をしたくないのだ。

それは常に、頂いているお金以上のものを提供したいと、微力ながらも頑張ってる私を私が知っているからだ。

改めて思う。

仲間でなくて良い。一作業者で良い。
それでいて、大切にし合え、尊重し合え、対等でありたい。
その関係性の中で、仕事をしたいのだ。
これは私の仕事観である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*