人っていい加減?当たり前の相違?そもそも、そんなのあり得ない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私が今フリーランスで仕事をしているのは、

  • 〇〇をしたい!
  • 私には〇〇ができる!
  • 私の使命だ!
  • 私のサービスが欲しい人に、届けたい!

という思いから…
というのは、実はない。

残念ながらwww

しかし、私ができる仕事がこれだから、この仕事をしている。

そういった理由で、この仕事をするにあたって、積極的に集客しているわけでもない。

それでも、私に

  • 仕事を受けて欲しい
  • のんちゃんになら、任せられる
  • 是非、のんちゃんにして欲しい
  • のんちゃんだから、紹介した

と言っていただける方がいる。
正直それは、嬉しい。

 

そう。私は仕事をする以上、責任をもってその任務を果たす。
という気持ちがある。

何かを期待して、何かを果たしたくて、私にお願いしてくれる人がいる。
私に紹介してくれた人がいるのだから。

その人の想いには応えたいし、その人の願いをともに叶えたいと思う。
そこに、私の調査や作業が貢献できたなら、それは私にとってとても嬉しいこととなる。

 

そんな思いで仕事をしている。
しかし、最近思うことがある。

 

それは、

人っていい加減だなぁ~~と。

 

  • 〇〇がしたい!
  • こんな風にペースを合わせてくれて嬉しい!
  • 〇〇なページを作りたい!
  • 〇〇までに、このページを公開したいんです!

と依頼をいただくので、私はそれに対して誠心誠意対応します。

  • お客様の想いが冷めないうちに、見えるものにしよう!
  • お客様の考えが明確になるように、見えるものにしよう!

このホームページには依頼してから、2週間後の着手と書いているが、実は即日着手するようにはしている。
そして、早くお見せできるようにしている。

2週間後としているのは、何があるかわからないからだ。
できない約束を私はしたくないからだ。

そして、

  • 期日を見据え
  • 他に抱えた仕事との兼ね合いを見据え
  • 逆算してスケジュールを出し
  • 目的を見据え
  • 目的を果たすために必要な調査をし
  • 作業をし
  • 確認をし

先方に確認をして、作業スケジュールを伝え、返信を待つも…

  • お返事がない
  • 後程返事しますと、放置される
  • してもらったけど、考えが変わったので白紙にします
  • 資料を準備するので、少々待ってください。といって放置される

と言うことが起こる。

 

様子を見つつ、数日間はお声掛けする。
しかし…

  • 曖昧な返信だったり
  • 多忙を告げられたり
  • 〇〇までに返信します。とまた更に放置する

と言うこと繰り返される。

 

そして、突然やる気を出されて、〇〇までに公開してください!
と言ってこられることもあります。

  • ちょっと待って。
    こっちにもスケジュールあるよ。
  • まだ確認して返事のないところがあるよ。
  • え?今?いいの?確認したの?
  • この状況で、〇〇はきついよ

と思うことは多々あり、それを先方に伝え、段取りして作業を進めます。
しかし、心は穏やかではいません。

ともに協力して、歩む仲間ではなく、一作業者ですぎないのだな。
という空しさがあります。

私がお客様と、ともに進みたいのだ。
仲間としてお客様の想いや、願いを叶えたいからだ。
一作業者でいたいのではなく、
仲間としてともに、取り組みたいのだ。

 

そしてまた、時に乗り換えられることもあります。

 

これらは、

  • 私の力足らずなのでしょう。
  • その方の望むものを提供できなかったのでしょう。
  • その方の期待に応えられなかったのでしょう。
  • 仕事の仕方のまずさなのでしょう。

 

私自身見直すべきことがたくさんあります。
そして、今後このようにならないように、このサイトで告げているように、依頼するにあたっての約束事が増えていっています。

しかし、実はそんなことしたくはない。
約束事なんてなくても、

  • お願いしとことは、全うする
  • 全うできなければ、早めに相手に伝える
  • 要望と違うものと感じたなら、相談してより良いものにする
  • 来たものには返信する
  • 作業にかかった費用は、きちんと支払う
  • 報連相はする
  • 約束したことを守れない時は、早めに連絡する
  • できないことは、出来ないと伝え、どうするか相談する
  • 相手の伝えたいことを理解しようと聞く

と言うのが良い。

これは、私の中の「当たり前」。
仕事をする上での「当たり前」。

 

だってこれって、相手を「尊重する」ことだと思うから。
私はお仕事する相手を「尊重」したい。
相手にも私を「尊重」して欲しい。

それは、仲間でありたいから。

 

だけど、そうじゃないのだなぁ~~と思う。

 

私の当たり前が、当たり前でないのなら、伝えないといけないと思うと、
ホームページに約束事や契約内容が増える。

しかし、やはり、当たり前すぎて、違和感がすごくある。

 

そして、私の思う「仲間でありたい」ということ自体が、まかり通らぬことなのか?
とも思えてくる。

いち作業者と徹して、心をなくした仕事と割り切った方が楽なのか?
しかし、そんな仕事、私は楽しくないから、したくない。

 

全てのお客様が、そうでないのが救いだ。

  • 私の対応を喜び
  • ちゃんとスケジュールを伝えてくれる
  • すぐに準備できなくても、確認したよと返信をくれる
  • わからないことは、訊ねてくれる
  • もっとこうしたいを伝えてくれる
  • 違和感を感じたら、相談してくれる
  • 私に伝わるよう、伝えてくれる
  • 意図を明確に伝えてくれる
  • 出来上がったものを、ともに喜べる
  • 約束は守ろうとしてくれる
  • 約束通りいかない時は、早めに連絡をくれる

 

こういった対応はとても、嬉しい。
そしてありがたい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*