集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

対話を放置せず、見直すということは、お互いを尊重し合うということ|人間関係改善しなやか自分軸

しなやか自分軸の「軸対話」について本日も書きますね。

あ。しなやか自分軸の「軸対話」の詳細を知りたい方はこちらをどうぞ。

2016012160919

しなやか自分軸で関係を築ける人になる!

 

欲求の対立は、きちんと見直せば解決は早い

昨日は「価値観の対立」について書きました。
本日は「欲求の対立」についてです。

こちらも仕事の場面であっても、
お客様と向き合う方には、
見極めができるとスッキリと仕事に取り組めるようになるスキルなので、
できれば実際の仕事場面に置き換えてお読みくださいね。

私の場合、お客様や友人、子供には結構「軸対話」できるのだけど、
どうも両親だと「反応対話」になりがちなので、
親との会話でしか説明できず申し訳ない(・・;)

 

価値観とは

大切に思うもの。正しいと思うもの。価値あると認めているもの。判断基準。
▼未来さんより補足(追記)
辞書では価値観が判断基準ですが
しなやか自分軸では、価値観が判断基準にはなりません。
しなやか自分軸の「自分軸」は判断基準となるもので、自分軸=感情・欲求・価値観
従来の価値観には思い込みが入る場合もあるので価値観だけを判断基準にしません。

自分軸=判断基準を持つということ
その判断基準は自分軸=感情・欲求・価値観
ただし価値観は思い込みを外して厳選したものとする。

欲求とは

欲しいと思うこと。したいと思うこと。今優先したいもの。

 

微妙なニュアンスもあるので、言葉の定義は難しい(・・;)

 

価値観の対立の特徴

  • 具体的な影響がない
  • 共通の想いがある
  • 問題解決までに時間がかかることが多い

欲求の対立の特徴

  • 具体的な影響がある
  • 問題解決までが早い

と解釈しています。

 

で、昨日の話は「価値観の対立」でした。
また今回のことでは、私の「過去」を見つめる必要もあったため、時間を取って過去回想へ入ります。

問題解決は持ち越しです。
それもアリです(^^)

 

で、同時期に起きていた「欲求の対立」について、今回はお話します。
これは親子での話ですが、お客様との間でも、上司部下の間でも当てはまる内容となっています。

親子関係、お客様との関係、上司部下関係でイライラしてしまう方には
ぜひご覧いただきたいです。

あまりにも日常的な内容なので、しっかり見極めて進めてくださいね。

わかっていることを何度も言われると、イラつく”(-“”-)”

ことが起こったのは、夜がしっとり寒くなる季節に入ったころからでした。

我が家は、17::00~21:00頃まで、ほぼ毎日孫のお風呂サポートに娘の家に行きます。
行くメンバーは私と、私の父。
私の母は自宅待機です。

父は孫とお風呂に入ります。
母は自宅にいる間に、家事や仕事を進めて、お風呂を済ませます。
私はサポートが終わって、自宅に戻ってからお風呂に入ります。

4ce7cafd21b4a7dad8996fecb4874bea_s

 

その日もいつものように、私は自宅へ戻りました。

 

【母】
お母さんお風呂終わったから、お風呂入りや

【私】
うん。わかった。

 

と、私は3階へ上がります。
そして少しばかりPCに向かいます。
しばらくすると…2階から大きな声で…

 

【母】
お風呂入りやぁ~~~~!!!

【私】
うん!って
※イライラスイッチ入ります

 

しかし、まだ気になる作業があるのでPCに向かって作業をします。
そして、また10分も立たないうちに…

 

【母】
お風呂入りや~~!!!!冷めるで~~~!!!

【私】
うん!って!!

 

はい。もう。すっかり私はイライラ”(-“”-)”

自分会議始めます~~

ここのところ、そんな大声の出し合いが続いていたので自分会議です。
その場で、対応しなかったのは自分の「反応」には気づいていたから。

 

そして「反応」している間は、
うまく自分の気持ちも伝えられず「攻撃」になるし、
母の話を聞く心のゆとりもないので「聞く」も選択しませんでした。

 

  • 自分を押し通したいわけでもない。
  • 相手との関係性を大切にしたい。
  • もっとこれから、豊かな関わり合いをしたい。

 

そういったことがあるので、自分会議です(*’ω’*)

 

まずはイライラした気持ちを吐き出します。
自分のイライラも大切にします。
※お風呂でぶつくさ言いました(--;)

 

吐き出しきったら、角度を変えてみてみます。

 

▼母の願い(欲求)や思い

  • 温かいうちに、お風呂に入って欲しい
  • 冷めたお風呂に入って、風邪をひいて欲しくない
  • 自分が換気扇を切りたい

▼私の欲求や思い

  • 気になっている作業をしてしまいたい
  • 少々冷めても、温めなおせばOK
  • 気になることなくして、ゆっくりお風呂に入りたい
  • 換気扇は、自分で切れる

 

母は私を「邪魔したい」わけではないのですよね。

私も母の「気持ちが分かってない」わけでもないのですよね~~。

 

しかし、今のままだと母からしたら
もう、あの子は!!

ってなってるでしょうし、私は
もう、分かってるって!邪魔せんといて!

になっている。

 

これはどうやら「欲求の対立」だな。
私にも具体的な影響があるから、これは伝えられるな。

今日のようなことは、明日も起こるな。
では明日どう伝えようか。

言われてから伝えるより、先に「予防」のためにアイメッセージを使った方が良いな。
ということで、ちょっとシュミレーションをして、のぼせたお顔に化粧水をはたきました(*’ω’*)

シュミレーションを実践!

翌日も、同じように娘の家に行って孫と遊び、自宅に戻りました。
母はお風呂から上がっている様子。

 

【私】
お母さん、お風呂済んでるのん?

【母】
もう、済んだよ。
あんたも、はよ入りや。冷めるで。

【私】
私キリの良いとこまでやりたいことしたいから、私は私のタイミングでお風呂に入りたいねん。
そんな時間かからんし、温めなおせば大丈夫やから、何回も言わなくても温かくお風呂に入るよ。

【母】
早く入らな、冷めるで~~

【私】
あったかいお風呂に入って欲しいねんな。
冷めたら温めてゆっくり入るわな。

 

あまり上手なアイメッセージではないのだけど、言えてスッキリ。
母も少しは解ってもらえたと感じたのか、それ以上何も言いません(^^)

イラつくことをちゃんと見直せば、相手の「想い」にも気づけるし、
今自分が「何を大切にしたいか」に気づけるよ

母は私の「健康管理」をしたいんですよね。
48になっても、娘は娘。子供は子供なのでしょう(^^;)

だけど、そこには私を大切に思う想いがあるんです。
その気持ちは、私も大切にしたい。

 

そして私は、私の行動を自分でコントロールしたい。
そしてできるだけ心残りのない状態で、リラックス状態でお風呂に入りたい。
そうやって自分の「リラックス」を、今は大切にしたいと考えているんです。

 

ここ少しばかり、「価値観の対立」も起こっているのでしょうね。
お互いが「私の健康」に着目している。

 

そして健康のために、母は
温かいお風呂に入るべきだ

と考え、私は
リラックスして、ゆっくりお風呂に入りたい

と考えている。

 

しかし今回は「キリの良いところまで仕事ができなくなる!」という、
具体的な影響があったので、アイメッセージで伝えやすかったのです。

 

仕事をしていても、上司やお客さんの理不尽な言動と感じることに「欲求の対立」が起こっていることがあります。
しっかり見直して、気づいて伝えられたら、良い関係性で仕事もしやすくなりますよね(*’ω’*)

 

家庭にも、仕事にも生かせる「しなやか自分軸」。
おもしろいですよ(*’ω’*)♪

 

▼ポチッと応援クリックよろしくね!
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ にほんブログ村

 

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA