集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

Facebookでのイベント招待メッセージの効果的な送り方

先日イベント招待の個別メッセージを、繋がっている方より送られてきました。
その時、少し残念な気持ちになったので、
少しでも効果的なイベント招待メッセージを送ることができるよう、こちらでお伝えしますね。

残念なFacebookイベント招待個別メッセージをもらった

残念なFacebookイベント招待個別メッセージはだいたいこんな内容。

  • 宛名(のんさんへ)
  • ご挨拶(いつもお世話になっています)
  • 遠慮がちなメッセージ(興味ないとは思いますが…云々)
  • 私にしてほしい行動(興味ありのボタンを教えてください)
  • イベントタイトル
  • 開催詳細へのURL

 

面識はない方ですが、ある学び繋がりの方。
そこで学んだということは、たぶんね、イベント内容は素晴らしいはず。
そして、勇気を持って私へメッセージを送ってくれたと思う。
そして、私に押し付けにならないように、遠慮しつつ送ってくれたんだと思う。

 

だけどね、

「興味ないとは思いますが…」って書いていることで、「え?なんだろう?」っていう違和感が…(^^;)

 

興味ないってことは

  • しょうもない内容なの?
  • 不要な内容を送りつけた?

って受取とれてしまう。。。
だって、興味ないって思ってるって思ってるってことは…。

 

それって、自分のことだけしか考えていないように感じるの。
自分勝手に送られた情報。
まぁ、自分の事を考えているのはいいのだけど…

Facebookではそれもありなのだけど、
わざわざ個別メッセージを送る勇気まで出したのに、
これでは勿体ない!!

 

 

きっと、「興味ない」って言葉を使ったのは、

  • 私も同じような場所で学んだことがあると知っているから
  • 後で「興味アリ」を押して欲しいから

って思うのね。
お気遣いしてくれているんだって思うのよね。

けど、私が興味あるかないかなんて、正直わからないでしょ?

 

だって、同じような場所で学んでいたとしても、

  • 何を学んだか
  • 何を感じたか
  • 今私にある課題は何か
  • 他で何を学んだか

なんて、わからないわけで。

 

勝手に私の考えや、気持ちを決めないで~~って感じ(^^;)

 

ということで、Facebookでイベント招待メッセージを個別に送る時の心構えと、
効果的な文章の書き方をお伝えします~(^^)/

そもそも、そのイベントどんな気持ちで開催しようと思ったの?

まずそのイベント、どんな気持ちで開催しようと思ったのでしょう?

  • どんな人に届けたい?
  • その人たちの何が解決する?
  • なぜあなたが、それを届けるの?

イベントページを見たけど、まずこれがわからなかった。
メッセージの内容にも、これらには触れられてなかった。

 

ここで「興味ないと思いますが」の文面が、更に「?」になる。

 

興味があるか、ないかの判断すらできない…(・・;)

 

申し込みフォームへのリンクがあったので、そちらにも飛んでみたけどこちらにも詳しい案内がない。
う~~ん。これじゃぁ、判断しようがない。

Facebookイベント招待メッセージをわざわざ個別で送ることで、私に何をお願いしたかった?

Facebookイベント招待メッセージをわざわざ個別で送ることで、
私に何をお願いしたかったのでしょう?

「興味がない」と伝えているということは、私に「来てほしい」わけではなさそうですね。
「興味アリ」をクリックしてください。
と書いてあるということは、私に「興味アリ」を押してほしかった。

 

ならば、集客のお手伝いのお願いだったのだと思う。

 

じゃぁ、

  • なぜ私にお願いしたかったのか?
  • どうして集客したいのか?

そこをキチンと伝えた方が良い。

 

じゃないと、この文面だとこう取れる。

「興味ないと思うけど、このボタンだけ押してくれたらありがたい」

 

う~~~ん。「興味アリ」を押すだけだけど

その為に私は

  • メッセージ読んで
  • イベントページ見て
  • クリックする

って作業が伴うわけで。。。。

 

それが集客に影響するなら

私にも責任が伴うわけで、誰に向けたどんな内容かもわからずで…
それで「興味アリ」を押すには、ちょっと…(・・;)

って感じになるのです。

もっともっと長年付き合ってて、お互いの素性を全てわかった仲なら、
それもOKなのかもしれないけど、今回はそこまで知らない間柄。

 

「興味アリを教えていただければ、ありがたいです」とは書いてくれてはいるので、
丁寧に伝えてはくれようとしている気持ちはあるとは思うので…

勿体ない!!!

画面の向こう側にいるのも「人」です。心を込めて伝えましょう。
あなたのサービスに自信を持ちましょう♪

パソコンでメッセージを送るとなると、うっかりしがちだけど相手も「人」なのよね。
だから丁寧に伝えた方が良い。

 

そして、あなたがせっかく企画したイベントに「意味」や「目的」や「価値」をキチンと感じていてほしい。
感じていても言葉にするのが、難しいならここに落とし込んでみよう!

  • どんな人に届けたいのか
  • その人たちの何が解決できるのか
  • なぜあなたが、それをするのか

それも一緒に伝えて欲しい!

 

自分で企画したそのイベント。自分の子供同然なんですよ(^^)

 

ということで、今回のように集客のお手伝いをお願いしたくてFacebookで個別メッセージを送るのでしたら、
下記テンプレートに当てはめてみてくださいね(^^)/

  • 宛名
  • 簡単な自己紹介
  • 迷惑だったらごめんなさい
  • して欲しい行動
  • その理由
    誰にために
    その人の何が解決するのか
    それをあなたがする理由
    だから協力してほしい(できれば私に送った理由もあれば、尚よし)
  • 「今後送って欲しくない場合は」の案内
  • 読んでくれたことへの感謝

そんな感じです(*’ω’*)

 

結局は自分のために送っているメッセージではあるのだけど、大切なのは

気持ちを込めること。相手を大切に扱うこと。
自分の商品(サービス)を自信を持って扱うこと。

だと私は思うのです。

 

あ、送ってくれた人が「気持ちを込めてない、相手を大切にしていない。自分の商品(サービス)に自信を持ってない」という意味ではないです。
ここの表現は、なかなか難しいのですが、私たちはうっかりそれを忘れてしまう時があるんです。

伝え方になれてないというか、配慮すれば配慮するほど言葉足らずになってしまうというか…

私も「やっちまったぁ~~~!!!」って経験がたくさんあります(・・;)
お叱りを受けたこともあります。

今もしているかもしれません(--;)

 

また成功者の話を聞いていると、ものすごく「周りへの感謝」や「周りへの尊敬」を自然にされているんですよね。

そういう姿を見せてもらって、あぁ、私ってあまりにも「人」を「人」として扱ってなかったな…
と反省すること数々…(・・;)

だったから、そういった目を養ったのかもしれません(^^;)

 

またこのアドバイスは、その人がいる場所(認知度など)によっても変わりますが、この考え方はベースです。
これをしっかり押さえて、あとは応用です(^^)/

戦略によって変えることもあるでしょう。

また受け取り方も人それぞれです。
人は勝手に受け取るので、受け取り方まで操作できません。

だからこそ、このような心遣いは必要なのだと私は考えています。

場面に合わせたFacebook個別メッセージを

そして今回はお願いメッセージだったので、このようなアドバイスなのだけど、
のんさんも興味あるかもしれない、そうだったら来てほしいな!
って時は、その文章も加えても良いしね。

そして、こんな風に想いを込めて丁寧に送ってくれたなら、私が行けないとしても、
「おぉ!楽しそうなことしてる!」ってシェアをしたかもしれないでしょ?

可能性広げようよ!!

せっかく勇気出したんだからさ!!

 

お知らせメッセージで、相手の心に「応援したくなる!」の火がつくと良いと思いませんか?
( *´艸`)

ただ、語りすぎると暑苦しいので、足し算引き算は必要だけどね♪

 

興味あるかどうかわからないけど、来てほしくて招待メッセージを個別で送るって時は、
また違ったアプローチ文章があるけど、今日はここまで(^^)

 

想いがあって、それを伝えたくて頑張っているあなたを
全力で応援しています(^^)/

 

▼ポチッと応援クリックよろしくね!
にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ にほんブログ村

 

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Recommend
No articles