集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

できないなら、出来る工夫を!できないなら、活用する工夫を!集客を諦める前に読んで欲しい

集客をしようと、ブログを始めた。
ホームページを作った。

だけど、まったく集客できないんです。

なんて言葉も良く聞きます。

 

こんな風景を見ていて思い出すのが、会社勤めの時代(*^-^*)

 

愚痴を言っている時間がもったいない

会社は、会社でお金を使うところと、使わないところを考えています。
部署ごとに、「●●が必要」「●●ができればなぁ」「●●がないと困る」と言ったとき、お金がかかるような案も上がること度たび。

 

そんなとき、私は

『今そこに投資できないなら、別の方法を考えればいい』と考え、思考を巡らしていました。

 

愚痴言っている時間がもったいない!
欲しい理由、必要な理由の根本を考え、どんな風にしたらその問題が軽減されるのか?

を考えようぜ!

というのが、私のスタンスだった(;^ω^)

 

一度会社で席替えがあって、それに愚痴を言っているスタッフがいた。

その時私にその人の話を聞く余裕もなかったので、愚痴聞いていてもらちが明かない~となり、

愚痴ってても、何も解決しないよ。
どうしたら良いか考えよう。

みたいなことを言ったら嫌われた(;^ω^)
って経験もあったりするくらい(;^ω^)

 

今なら聞き方知ってるし、聞けるとは思うけど(;^ω^)

 

だけどね、今もこの
愚痴言ってても仕方がない!
考えようよ!工夫しようよ!
一緒に頭を抱えようよ!

というスタンスは私の中に根付いています。

 

工夫をするために、思考をやわらかくし、できることを模索する

なので、ある一定期間やってみてもクライアントが「ブログを書けない」という場合

  • 戦術の変更
  • 困難な理由の具体化による工夫

などをしていくのです。

戦術にとらわれると、動けない。
そもそもの部分に目を向ける。

何のためにそれをするのか?
それができないなら、何ができるのか?

 

クライアントにできる工夫を提案

そんな感じで、先日とあるクライアントへ提案するときの私の思考。

これをすれば、こうなるかもしれない。
ということは、●●ができるツールがあると良いな。

●●というツールを探す。

 

有料もものと、無料の●●というツールをみつける。

クライアントは今、これにお金を支払いたくないだろう。
ならば無料のツールで、しようと思っていることができるか検証だ。

検証をしてみる。

 

パソコンやスマホに詳しい人ならできる。
しかし今のクライアントはそうではい。
これは、戸惑う可能性がある。

ということ・・・
そもそもに戻って、クライアントができることはなんだったか?を見直す。

 

▲▲なら、がんばってくれればできそうかも?

一度、私自身がそれをしてみる。

 

うん。私はできる。
しかし、クライアントは操作になれてないと仮定した場合、こことここで、躓きそうだ。

ということは、▲▲を少しでも負担なくするには、ために作った□□を変更する必要がある。

ということで、□□を変更する。

あとは、確認(*^-^*)
クライアントの元に、その提案をもっていき、

 

これをすることで、こんなことや、こんなことになる可能性がある。
しかし、これこれをする負担があるができるか確認させてほしい。

ということで、実際に作業方法を教えてやってもらう。
クライアント曰く、

 

これなら、がんばればできそう!
これができると、★★にもつながるし、☆☆ということも期待できそうだね!

と新たな、可能性が広がる( *´艸`)♪

 

実際の導入はこれからだけど、こんな風に試行錯誤し、できる工夫をし、やってみて、更に試行錯誤をするのが私は好きだ(*^-^*)

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい