集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

「すみません」を乱用していませんか?その言葉「ありがとうございます」に変えてみませんか? 言葉が変わると伝わり方が変わる

すみません!!

と思わず言っていませんか(^^;)?

 

言葉は人は勝手に受け取り、勝手に判断します。

だからこそ、
使う言葉を見直すことで、あなたのビジネスが伝わりやすくなり、
受け取りやすくなるかもしれません。

その理由は…

 

こんな場面で「すみません」って使っていませんか?

道を譲ってもらって → 「すみません」

仕事を手伝ってもらって → 「すみません」

掃除をしてくれて → 「すみません」

サービスをしてもらって → 「すみません」

今の私は、この「すみません」の使いどころに違和感を感じています。

「すみません」のイメージって、どんなイメージですか?

「すみません」「すいません」という言葉に、あなたはどんなイメージを持っていますか?
私はどちらかというと、ネガティブなイメージがあります。

「ごめんなさい」と言った、「もうしわけない」という気持ちや謝罪のイメージ。

あなたはどうでしょうか?

語源由来辞典によると

相手への謝罪に用いる「すみません」も、
相手に失礼なことをしてまい、このままでは自分の心が澄みきらないことを表す。
感謝の意を表す「すみません」は、「何のお返しも出来ずすみません」の意味からか、
「心が澄みきらない」の意味から離れ、謝罪を表すようになってからの表現である。

とあります。

心が澄み切らない、謝罪を表す…とありますね。
そして、ここに「感謝の意を表す」ともあります。

「ありがとう」で、良いと思いませんか?

感謝の意を表すのであれば、「ありがとう」でも良いと思いませんか?

道を譲ってもらって → 「ありがとう」

仕事を手伝ってもらって → 「ありがとう」

掃除をしてくれて → 「ありがとう」

サービスをしてもらって → 「ありがとう」

ね( *´艸`)

「すみません」が与える言葉のエネルギー

「すみません」という言葉には、謝罪の意味や、申し訳ない、心が澄み切らないという意味合いがありましたね。

ということは、その言葉をもらった人は「謝られた側の人」になります。
「謝られた側」ということは…加害者

そこには「謝った側」がいますね。
「謝った側」は…被害者

という図式が現れるように、私は感じます。

「ありがとう」が与える言葉のエネルギー

「ありがとう」「ありがとうございます」という言葉には、被害者も加害者もない感じがしませんか?

伝えた側も、聞いた側も、心地よいですよね?

お仕事のやり取りでも、ブログ記事でも、ほんの少し言葉を意識してみましょう

本当に謝らなければならないときは、「すみません」「もうしわけありません」で良いと思います。

だけど、普段使っている「すみません」という言葉、「ありがとう」に置き換えてみることはできませんか?

お客様とのやり取りでも、あなたを指導してくれる方とのやりとりでも、
ブログ記事内でも、「すみません」という言葉を「ありがとう」に変えられる場面はたくさんあるように思います。

ポジティブな言葉で、自分と相手のエネルギーを上げる

今回伝えたいのは「すみません」という言葉を「ありがとう」に変えよう!
ということだけではありません。

伝える言葉を見直してみましょう!
あなたの文章や、言葉は相手にどんなエネルギーを渡していますか?

また、その言葉を表現するあなた自身に
どんなエネルギーを渡していますか?

ということです。

そもそも言葉というものに、「意味」を付けたのは「人」です。

その言葉(音)事態のエネルギーが実際高いのか、低いのかは私にはわかりませんが、
私たちの中に、その言葉(音)は「ネガティブなもの」「ポジティブなもの」と
刷り込まれいることが多いのです。

ネガティブと捉えがちな言葉(音)は、心や思考にネガティブな印象を残します。
ポジティブと捉えがちな言葉(音)は、心や思考にポジティブな印象を残します。

良い関係性を結んでいきたい人との間では、特に良い言葉を使って、
良いエネルギーで満たす方が素敵ではないですか?

言葉でのやり取り。メールやLINEでのやりとり、ブログ記事の中での言葉。
もしネガティブに捉えられそうな言葉があるのだとしたら、
ポジティブな言葉や、他の言葉で言い換えられるだろうか?

と見直してみると良いですよ!

おかげ様ビジネスや、お互い様ビジネスといった、エンゲージメントマーケティングが注目される昨今。
SNSが流行する現代。

その背景には、関係性や交流を求める人が増えてきているということです。

だからこそ、今この時
さらに「言葉」を見直すことが、必要だと私は考えます。

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい