集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

超初心者のためのWordPressで自作ホームページを作ろう!|ドメイン取得にチャレンジ!

さてちょっと日を置いてしまいましたね~。
サーバーの取得はできましたか?

今日はドメインの取得をお伝えしますね。

 

ドメイン取得はどこでする?

サーバーを取得すると、だいたいサーバー側でドメインの取得は可能です。

さくらサーバーでサーバ契約したなら、さくらサーバーでドメインを取得することが可能です。

しかし、ドメイン取得サービスを軸にしている会社でドメインを取得するのが賢明です。

ドメイン取得サービス会社でドメインを取得する理由

なぜ、ドメイン提供サービスを軸とするところで、ドメインを取得し、
サーバー側でドメインを取得しないのか?

それは管理を分けるということです。

なぜドメインとサーバーの管理を分ける必要があるのか?

サーバーにはスペックがあります。
アクセスが集中しても、それに耐えうるスペックが。

しかしそのスペックが優れている場合、
ほとんどが高額になります。

ホームページの運営を始めるにあたり、
初期段階で、どのくらいのアクセスがくるのかは
なかなか想定できません。

アクセスが増えるのを見越して、
高スペックのサーバー会社と契約するのも
良いのですが、
最初はできる限り低額ではじたいという方は、
さくらサーバーのような
低価格で、安定しているサーバーから始めるのが賢明です。

そうした場合に、
将来アクセスが増え、サーバースペックに物足りなさを感じたとき、
サーバーを引っ越しする必要も出てくるんですね。

その時、ドメインとサーバーを一緒に契約していると
サーバー提供業者とやり取りをして
必要な情報をあれこれ準備しなくてはなりません。

またサーバー提供業者によっては、
ドメインの名義がサーバー提供業者になっていて、
ドメイン移管を拒否する可能性もあるんです。

これってなかなか面倒…(・・;)

 

 

そういったことを防ぐためにも、
ドメインは最初からドメイン専門の会社で取得しておく。

するとサーバー側だけのお引っ越しとなるので
気軽にお引っ越しすることができるんですよね。

 

トップレベルドメイン名はよく考えて取得

ドメイン取得するに当たり、知っておく必要のある基礎知識。
それは「トップレベルドメイン」です。

トップレベルドメインとは、下記の赤字の部分。
「.(ドット)」以下の文字列に当たります。

 

●●●.com

 

ここを「トップレベルドメイン」と言います。

ここを何にするか迷うことがあると思うんですよね。

なぜ迷うかというと、「トップレベルドメイン」によって、
取得できる価格が違うから。

安いところで99円。
高いと4,000円ぐらいの場合もあります。

万を超える場合もあります。

 

また低価格だからと言って、
あまり聞きなれない「トップレベルドメイン」を取得すると
聞きなれないドメインと言うことで、「怪しまれる」ということも
起きかねないので、よく考えて取得したほうが良いです。
※このさいとは格安の「.club」にしてますが…(・・;)

トップレベルドメインの意味を理解しよう

.com

company の略。
どこの国の人でも、どんな業務にも、誰にでも使える一般的なものですね。

 

.jp

japan・・・の略ですね。
日本のサイトと明示するもので、誰でも取得可能です

 

.net

networkの略になります。
どこかの国を限定するもではなく、また誰にでも取得可能です

 

.org

organizationの略で、非営利団体のイメージがあるのですが、
こちらも組織とか組合を意味し、どなた様にも取得可能です。

 

.info

infomationの略になります。
情報を意味しており、こちらもどなた様にも取得可能です。

 

.co.jp

これは「日本の会社組織」であるということを明示しています。
こちらはドメインを取得するにあたり、登記簿の写しなどを提出する必要があります。
また金額も結構高額になります。

 

安価なトップレベルドメイン

「.shop」「.club」「.biz」「.xyz」「.click」などがあります。
これらは安価で嬉しいのですが、例えば「pink.shop」とかの名称となると
エロサイトと間違われる等が考えられます。

ですから、一般的ではないトップレベルドメインを取得する際は
ホームページの使用目的も考えて慎重に選択しましょう。

 

ドメインはどう考える?

ではドメインをどうするかです。

○○○.com

↑赤丸の部分ですね。
※○○○.com全てを含めたものを「ドメイン名」と言います

 

ドメインの考え方ポイント

  • サービスや想い、テーマを発想できる
  • 覚えやすい
  • 簡単に入力できる
  • 短め
  • トンチをきかす

などを意識して考えてみましょう。

 

例えば、フクロウと触れ合える喫茶店を経営している会社さんが
ドメインを考えるとき

  • fukurou.com
  • 296.com
  • hoho.com
  • hoho-296.com

など、覚えやすく取得できるものをいろいろ
工夫して考えてみましょう。

ドメインルール

またドメインに使える文字のルールもあります。
こちらもキチンと気にしておくと良いですね。

・半角英数字(A~Z、0~9)
・半角のハイフン「-」

【登録できる文字数】
3文字以上63文字以内

となります。

ドメイン取得を進めよう!

ここでは「お名前.com」を利用してドメインを取得していきます。

取得方法は動画を参照くださいませ(^^)/

まとめ

いかがでしたか?
難しい?簡単?

手順にそって行えば、ドメイン取得は簡単ですよ!
何事もチャレンジです♪

一度トライしてみてくださいね♪

 

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA