集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

画像圧縮意識していますか?SEO加点ポイント対策してますか?

ホームページ運営で気を付けておくと良いことをお伝えします。
これは、Wordpressで構築したホームページにしろ、そうでないにしろ気を付けてください。

 

ホームページの表示スピードもSEOの加点ポイント

ホームページの表示スピードもSEOの加点ポイント

それは、表示スピードがSEOに関与する1つのポイントとなるということです。
ホームページを運営していると、どうしてもホームページデータは重くなりがちです。

データが重くなると、表示スピードが遅くなり、SEOではマイナスポイントが付きます。
このスピードを重視するのか、内容を重視するのか?
といった「どこをSEOで強化していくか?」の見極めも必要ですが、1つの要素として覚えておいてください。

ホームページのスピード計測にはこちらをご利用ください。
ここでは最適化の数字が「60以上」になるよう心掛けてください。

PageSpeed Insights

ちなみに、この「からーぱれっと」のTOPページの表示速度は遅いです。
その理由は、TOPページでは動画の読み込みをしているためです。
このように意図している場合は、他のページで施策をしていくので大丈夫です。

知らぬ間に遅くなっていた…
というのを避ければよいのです(^^)/☆

また、回線速度やネットが込み合う時間帯などによって最適化表示の数字は変動します。
回線速度が安定している時間帯に計測してみて下さい。

そして、小さなことをコツコツと♪

 

画像圧縮で表示スピードを落とさない

この表示スピードを落とさないための施策としてあるのが「画像圧縮」です。
しかし画像圧縮をしたからと言って、明日から検索上位1位だ!なんてことはりません(;^ω^)
SEOは、1つひとつポイントを稼いでいくのだとご理解ください。

この圧縮には3つの工程があります。

  1. 画像内容による最適な保存形式
  2. 画像サイズの調整
  3. 画像圧縮
  4. ファイル名を適切なものに変更

です。
1つひとつ説明します。

 

1.画像内容による最適な保存形式を選ぶ

画像の種類によってデータ容量や、表示の綺麗(劣化状態)さに差が出ます。
データ容量を抑えつつも、見られる方にストレスを与えない程度の画像になるよう、その特性を理解し画像形式を決定しましょう。

保存形式とは
画像ファイルには様々な保存形式があります。
JPEG(ジェイペグ)・ GIF(ジフ)・PNG(ピング)などは有名でしょう。
一度は見たり聞いたりしたことがあると思います。
それぞれの特性を理解して上手に活用ください。

 

GIF形式を選択する場合

GIF形式を選択する場合
  • 8bit(256色)などのイラスト
  • gifアニメーション
  • 透過処理したいロゴ
  • サイズの小さな画像

 

JPG形式を選択する場合

JPG形式を選択する場合
  • 色数が多い(1670万画素)画像
  • 写真

 

PNG形式を選択する場合

PNG形式を選択する場合
  • フルカラー(PNG-24)、8bit(PNG-8/256色)にも対応
  • 透過画像
  • 大き目の8bit(256色)画像

基本はJPGの画像をお勧めします。
そのうえでどうしても、綺麗に表示させたいとか、透過処理したものを利用したいという場合にPNGを使用すると良いでしょう。

 

2.画像サイズの調整を行う

画像サイズの調整を行う

時々見られるのが、1000px以上の画像をアップされているホームページです。
画像の高さ幅は、表示サイズ丁度か、その前後の大きさに調整しておくのがベストです。

現代ならスマホで見られる方が多いと思います。
スマホをメインで考えるなら、ブログに表示する画像幅は736pxあれば十分です。
個人的には600px幅で良いと考えています。

キチンと必要なサイズにリサイズして、画像のデータ容量を減らすよう心掛けてください。

 

3.画像圧縮を行う

画像をJPGgやPNG、GIFで保存する際に、どの程度圧縮するかをソフトでいろいろ変更することが可能です。
どの程度圧縮させるか迷う方は、画像圧縮サービスがあるので、そういったオンラインサービスを活用し、データ容量を少しでも抑えるようにしてください。

ただし、画像は圧縮すればするほど、画像劣化がひどくなります。
※画像劣化とは、画像が荒れるということです

見られる人のストレスのない程度に圧縮して、画像のデータ容量を減らしてください。

PNGイメージをオンラインで圧縮する
PNGイメージを透過付きPNG-8フォーマットにするPNG圧縮最適化ツール。
JPGイメージをオンラインで圧縮する
JPEGイメージや写真を圧縮。ウェブ掲載・SNSでのシェア・Eメール添付を快適に。

4.ファイル名を適切なものに変更

手持ちの画像のファイル名が「日本の空.jpg」などとなっている時に、そのままアップする方がおられます。
しかし、日本語ファイルをメディアにアップすと英数字の文字列に変換されます。

例えばこんな感じ。
「46dea37ff90c89e799f9459eaed33387.jpg」

文字1つにおいても、データ容量は食います。
このように変換された文字列は、結構長いため小さいながらもデータ容量は食います。
塵も積もれば山となるです。

「sky.jpg」や「nihonnosora.jpg」といった英数字に変更してからアップするように心がけてください。

私の場合、ファイル名に悩みたくないので、ほぼその画像を作成した日時にしてアップしています。
こんな感じです。

「201804101027.jpg」

 

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい