集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

読者に響くキーワード選定で一番大切なこと

読者に響くキーワード選定についてお伝えします。
昨日の記事にも書いた部分を、もう少し詳しく説明する感じです(*^-^*)

キーワード選定を難しいと感じる人も多いと思います。
私自身もそうでした。

しかし、キーワード選定はいかにあなたのターゲットとなる人の心に寄り添ったか?
ということだけなんです。

記事を書いても、集客につながらないその理由 | 集客しない客モテメディア構築コンサルティング|からーぱれっと
ブログやオウンドメディアの記事を書けるのに、集客につながらない。 という方もおられますね。 せっかく書いた記事、なぜ集客につながらないのでしょう? 検索にかからない ターゲットが不明確 魅力的な文章ではない 導線が全く考えられていない ホームページ(ブログ)が育ってない など、いろいろな理由がありそうですが、今回は「魅力的な文章ではない」という部分についてお伝えします。 魅力的な文章とは? では、魅力的な文章とはどういうものでしょう? 魅力的な文章と言っても、一言では言い切れません。 なぜなら魅力的な文章といっても、いくつもの視点で考えられるからです。 ターゲットの悩み解決にフォーカスされているのか? ターゲットが読みやすいと感じる文脈、構成になっているのか? ターゲットが読みやすい文字の大きさ、行間になっているのか? 充分な情報量があるのか? 信頼のおける情報になっているのか? 次の行動に繋がる文章なのか? 一目見た瞬間に、読みたいと思える見せ方ができているのか 空間や色をうまく活用しているのか? などです。 これだけでも、あなたの文章をチェックできますね(^^) ターゲットを理解して、魅力的な文章にする 上記リストにもあったように、ターゲットを理解することが魅力的な文章に繋がります。 読みやすい文章、伝わる文章にするためにも今一度、あなたのターゲットを書き出してください。 あなたのターゲットは誰ですか? そのターゲットはどんな悩みを持っていますか? そのターゲットは今まで悩み解決のために何をしてきましたか? そのターゲットの年齢は? そのターゲットが読みそうな本や雑誌は? このようにターゲット分析して、理解を深めることが魅力的な文章に繋がるります。 その理由を次に説明していきますね。 ターゲットを理解するのと、魅力的な文章になるのと、どんな関係があるのか? 例えば、ターゲットが40代後半以上なら、文字の大きさは大きめ、行間広めが良いです。 なぜなら、老眼の可能性があるからです。 いくら魅力的な文章であっても、文字が小さかったり、行間が狭いと、それだけで読む気が失せます(;^ω^) 文字の大きさや行間も、魅力の1つです。

ターゲットを明確にして、読者に響くキーワード選定を

ターゲットを明確にして、読者に響くキーワード選定を

ターゲットを絞っている方も、絞っていない方もおられると思います。
まだターゲットを絞られていない方は、ぜひターゲットを絞ってみてください。

 

ターゲットを絞り、日常会話や趣味嗜好からキーワード選定を行う

ターゲットを絞ることで、ホームページやブログの読者になった方の心に届く記事を書き進めやすくなります。
※これは、昨日の記事でもほんの少し触れています。

今回お伝えするのはターゲットを絞ることで「彼らに響く言葉の調査」ができるということです。

  • SNS
  • ブログ
  • 雑誌
  • テレビ番組
  • 会話

こういった場所で、彼らが良く使う言葉をみつけていくことができます。
またSNSなどを見ていると、どの言葉があるときに「いいね」を押しているのかなども調査対象となりますよね。

ここで、言葉の抽出をしてくと言うことです。

 

ターゲットの悩みからキーワード選定を行う

ターゲットの悩みからキーワード選定を行う

上記情報を見ていくと、よく使う言葉以外に、悩みのパターンも見られてきます。
その場合、悩み言葉のパターンも見られるはずです。

これらの言葉をピックアップして拾ってきます。
そしてそこからキーワードを抜き出していくんです。

例えば、最近の流行りだと

  • ありのままの自分って何?
  • ありのままの自分を受け入れるとはどういうこと?
  • ありのままの自分って大切ですよね。だけと難しいです。

などいろいろ出てくると思います。

これらを検索するときのようにキーワード化します。

「ありのまま 自分」

「ありのまま 受け入れる」

「ありのまま 難しい」

 

悩みの本質の言葉からキーワード選定を行う

悩みの本質の言葉からキーワード選定を行う

そして更に仮説をたてて、キーワードを抽出します。
先に書いた悩みを持つ人の背景を思い描いて、キーワード選定を行い、文章を組み立てます。

上記の例で言うと「ありのままの自分を受け入れ、ありのままでいたいけれど、難しい」と悩む人の背景です。

  • いつも無理して人に合わせて、疲れた…
  • 周りに素敵な人がばかリ…私に魅力なんてあるの?
  • 私がしたいことをしたい!と言ったところで、誰にも理解されない

これは、あくまで仮説です。

しかし、この仮説からキーワード選定を行うことで、具体的な悩みにフォーカスした文章構成におのずとなっていきます。
更に、その悩みを抱えた1人の人に向けた文章を書くことになります。
そうなることで、この悩みを抱えている人の心に響く文章を書けるということになります。

 

既存顧客ヒアリングによるキーワード選定

また既にお客様をお持ちの方は、必ずお客様の声をいただいてください。
そして、曖昧な表現をしっかり掘り下げてみてください。

そうすることで、ターゲットが合致しているお客様からヒアリングしたのだとしら、それらお客様の声にキーワードがちりばめられているはずです。
そういった、キーワード選定の方法もあります。

 

キーワード抽出サービスを使った選定方法

キーワード抽出サービスというものがいくつもあります。
これらを利用することも重要です。

一部紹介しておきましょう。

goodkeyword

キーワードプランナー

利用方法については、下記サイトが力になってくれそうですね。

goodkeywordの使い方!サジェスト・キーワードの選び方を学ぼう! | "YozaLog"

【2018年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり
※はじめに 2018年からキーワードプランナーの画面が大幅にリニューアルされました。 今までと使い方がガラッと変わりましたので、記事内容も大幅に変更しました。 今回は、 新しくなったGoogle Adwordsのサービス「キーワードプランナー」の使い方&操作方法 キーワードプランナーを使ったキーワード選定方法の基本的な手順 関連キーワード取得ツールと組み合わせた便利な使い方 の3点を詳しく解説します。 『今回の記事は、リスティング広告を出稿する側じゃなくて、コンテンツ(ブログ記事やWEBページ)を制作する側のキーワード選定についてなので注意やで!』 ブログやホームページを運用して集客したい!という場合、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。 キーワードプランナーでは何ができるの?キーワードプランナーを使うメリット3つ なぜブログ運営者やホームページ運営者のあなたに、キーワードプランナーというツールをおすすめするのか!? 実は、キーワードプランナーを使う上で、以下の3つの大きなメリットがあります。 狙いたいキーワードの「検索需要」が分かる 狙うキーワード以外にも需要がある「関連キーワード」を見つけることができる 集客効果が高いor低いキーワードかどうかが判断できる もちろん、広告を出す側として考えると、もっと色んなこと分かります。使うメリットもたくさんあります。 ですが、今回はあくまでも、 『広告を使わずにブログ記事やホームページなどのコンテンツを作りたい!』 というあなたにとってのオススメポイントを3つ紹介しました。 キーワードプランナーをオススメするのはこんな人・会社 「色んなキーワードで自分のブログ、ホームページに集まる人を増やしたい、アクセス数を増やしたい」 「集客につながるキーワードを見つけたい」 『つまり、ブログやホームページのSEO(検索エンジン最適化)をして、集客・売上につなげたい! っていう人や会社にとって、キーワードプランナーはオススメなんやで!』 ではでは、少し前置きが長くなりましたがキーワードプランナーの使い方を覚えていきましょう! 手順1.キーワードプランナーのサイトへGo! まずは、検索にて「google

 

読者に響くキーワード選定で一番大切なこと

読者に響くキーワード選定で一番大切なこと

どんなキーワード選定の仕方をしようとも、一番大切なことは

お客様の悩みに寄り添う

ことです。

ここを外して、独りよがりの発信になっては、お客様の心に響く文章は書けません。
どんなに懇切丁寧な整った文章であっても、心に響かなければあなたの元に、そのお客様は来てくれません。

しっかりお客様の「背景」にあるものを、見ようとしてください。

 

あなたと繋がっている人の言葉を意識してみてください

もしすでにSNSやブログなどで、あなたと繋がっている人がいるなら、しっかり言葉を見てください。
もし、あなたのターゲットが集まるブログがあるなら、その読者の言葉を見てください。

そして、その背景を見ようとしてみてください。
そして、文章を組み立てていくのです

最初は難しいと感じることでしょう。
まずは、言葉を意識する、その背景を意識するところから始めてみてくださいね。

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい
Recommend
No articles