集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

記事を書いても、集客につながらないその理由

ブログやオウンドメディアの記事を書けるのに、集客につながらない。
という方もおられますね。

せっかく書いた記事、なぜ集客につながらないのでしょう?

記事を書いても、集客につながらないその理由

  • 検索にかからない
  • ターゲットが不明確
  • 魅力的な文章ではない
  • 導線が全く考えられていない
  • ホームページ(ブログ)が育ってない

など、いろいろな理由がありそうですが、今回は「魅力的な文章ではない」という部分についてお伝えします。

 

魅力的な文章とは?

魅力的な文章とは?

では、魅力的な文章とはどういうものでしょう?
魅力的な文章と言っても、一言では言い切れません。

なぜなら魅力的な文章といっても、いくつもの視点で考えられるからです。

  • ターゲットの悩み解決にフォーカスされているのか?
  • ターゲットが読みやすいと感じる文脈、構成になっているのか?
  • ターゲットが読みやすい文字の大きさ、行間になっているのか?
  • 充分な情報量があるのか?
  • 信頼のおける情報になっているのか?
  • 次の行動に繋がる文章なのか?
  • 一目見た瞬間に、読みたいと思える見せ方ができているのか
  • 空間や色をうまく活用しているのか

などです。
これだけでも、あなたの文章をチェックできますね(^^)

 

ターゲットを理解して、魅力的な文章にする

ターゲットを理解して、魅力的な文章にする

上記リストにもあったように、ターゲットを理解することが魅力的な文章に繋がります。
読みやすい文章、伝わる文章にするためにも今一度、あなたのターゲットを書き出してください。

  • あなたのターゲットは誰ですか?
  • そのターゲットはどんな悩みを持っていますか?
  • そのターゲットは今まで悩み解決のために何をしてきましたか?
  • そのターゲットの年齢は?
  • そのターゲットが読みそうな本や雑誌は?

このようにターゲット分析して、理解を深めることが魅力的な文章に繋がるります。
その理由を次に説明していきますね。

 

ターゲットを理解するのと、魅力的な文章になるのと、どんな関係があるのか?

例えば、ターゲットが40代後半以上なら、文字の大きさは大きめ、行間広めが良いです。
なぜなら、老眼の可能性があるからです。

いくら魅力的な文章であっても、文字が小さかったり、行間が狭いと、それだけで読む気が失せます(;^ω^)
文字の大きさや行間も、魅力の1つです。

またターゲットが好みそうな雑誌を知って、語尾や、文章の長さ、デザイン、空間の使い方などを記事内に取りこみます。
こうすることで、普段読み慣れた文章に近いため、違和感なく読み進めることができます。

違和感は魅力にもなりますが、ストレスになり敬遠もされる要因にもなるので、気を付けたい部分です。

そして、ターゲットの悩みそうなことや、悩んでいる時に発しそうな言葉を知っていることで、それが検索キーワードに繋がります。

 

魅力的な文章は、信頼できる情報を持つ

魅力的な文章は、信頼できる情報を持つ

また、

  • 情報量
  • 根拠(裏付け)
  • メリット
  • デメリット
  • 事例
  • 参考サイト・書籍紹介

こういったものがあるのとないのとでの、魅力の違いは簡単に想像ができると思います。
メリットを伝えると同時に、デメリットも伝えましょう。

何事においても、表裏一体ですから。

そして、参考になるサイトや書籍などがあると、悩みを持ち記事にたどり着いた見込み客は嬉しいですよね。
悩みを解決したいのですから(^^)

悩みを解決したい人がどのような情報を欲しているのか?
に寄り添って文章を書きましょう。

 

魅力的な文章は、パターンにはまる

魅力的な文章は、パターンにはまる

魅力的な文章構成のために、ターゲットを知って文字色や大きさを決めることはもちろん、それ以外にもパターンを作るという工夫も重要です。
あなたなりの記事を投稿するルールを作るということです。

  • 色使い
  • 協調の仕方
  • カラム分け
  • 写真使い
  • イラスト使い
  • 文章の長さ
  • 段落と段落の空き
  • 箇条書き使用
  • 語尾の統一
  • 飾り枠の使い方
  • 関連リンクの位置
  • 参考サイト、書籍紹介の位置

パターンにはめてあげることで、読みやすさが倍増します。

  • 重要な箇所は、赤文字
  • 注意して欲しいと所は、赤文字+下線
  • 一息で読める一文の長さの統一
  • ですます調の統一

などです。

これは読まれるユーザーのみならず、書く側もラクになります。
いちいち、迷う必要がなくなるため、効率化を図れるということですね。

 

魅力的な文章をと狙って落ちる、落とし穴

魅力的な文章をと狙って落ちる、落とし穴

このように伝えると、すべてを取り入れなくては!となる方がおられます。
そして、多くの方が「できない」「難しい」となり、いつも通りの記事に落ち着いたり、記事を書くことすらやめてしまうこともあります。

もったいないですね(;^ω^)

1つひとつで良いし、いつも100点を取る必要もありません。

 

こういうのが良いのだな。ということを頭に入れ、できることをできる時にすればいいんです。
知らないまま進むより、知っておいて進めば良いんです。

また「これは絶対苦手だ!無理だ!」ということは、省いてもかまいません。
時間的に無理な時も同様です。
省いてもかまいません。

また代替処置をとるというのもありです(^^)

 

一番大切なのは、不定期であったとしても、あなたなりのルールで続けていくということです。

 

記事を書いても集客につながらないのは

記事を書いても集客につながらないのは、先にも書いたように原因は1つではありません。
いろんな要素があって、今たまたまその結果が見えているだけです。

記事を書いても集客につながらない

それが最終地点でもありません。
経過にしか過ぎません。

見直すべき点はいろいろありますし、そこを見直し修正したから即結果に繋がるというものでもありません。
※繋がるときもありますが

何事も1つひとつです。

 

まずは文頭で挙げたこのリストを活用して、あなたのブログ記事を見直してみてください。

  • ターゲットの悩み解決にフォーカスされているのか?
  • ターゲットが読みやすいと感じる文脈、構成になっているのか?
  • ターゲットが読みやすい文字の大きさ、行間になっているのか?
  • 充分な情報量があるのか?
  • 信頼のおける情報になっているのか?
  • 次の行動に繋がる文章なのか?
  • 一目見た瞬間に、読みたいと思える見せ方ができているのか
  • 空間や色をうまく活用しているのか

 

もし、ターゲットが不明確なのだとしたらターゲットを明確化して生きましょう(^^)/☆

 

 

 

 

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい