集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

ブログが続かない原因と、ブログを続ける極意

今やオウンドメディアの流れになってきているのに、
ブログが続かない、ブログ記事が書けない…

とお嘆きの方も多いようにお見受けします。

あなたいかがでしょうか?
ブログが続かないと悩んでいませんか?
ブログを続けるコツを知りたいと、模索していませんか?

今日はそういった「ブログが続かない!」という方に向けて
記事を書き進めます。

 

 

目次

ブログが続かないと育たない、オウンドメディア型サイトの誕生

今はSEO対策は当たりまえになりましたね。
また、クリーンなSEOが成果を上げやすくなってきて、
同業他社が横並びの中、どのようにして人目につくかをどこの会社でも試行錯誤を重ねています。

そんな中、オウンドメディアと言う『専門性の高い、質の良い、新鮮な情報提供』を行う
ホームページがドンドン上位表示されるようになってきました。

これは、Googleや検索エンジンは、自身のサイトをユーザーが好んで使ってくれないと
広告収入が得られなくなるので
『専門性の高い、質の良い、新鮮な情報提供』に重きを置くようになった
というのが背景にあります。

 

 

ブログが続かない人、ブログが書けない人の理由と原因

そして、多くの人が今や、ホームページは育てなければならない。
ブログは書いた方が良い。

ということはわかっているのに、ブログが書けない、ブログが続かないと
嘆いています。

 

ブログが続かない、書けないという9つの理由と原因

  1. 目の前のやるべきことに追われ、書く時間がない
  2. 何を書いていいのかわからない、ネタがない
  3. ブログを書こう!というモチベーションが出ない
  4. 書いても反応が薄いから、アクセスも集まらずやる気でない
  5. 目的に近づけない
  6. 完璧なブログ記事を求める
  7. ブログ記事の失敗を恐れる
  8. ブログに書いた記事によって恥をかきたくない
  9. ブログで書いたことで、誤解を受けたくない
  10. パソコンやスマホへの苦手意識

といった理由が考えられますね。

その奥にあるブログが続かない、ブログを書くという行動を止める、心が起こす原因を探ってみみました。

 

1.目の前のやるべきことに追われ、書く時間がない

目の前のお客様の対応や、事務仕事、家族サービスや、人付き合いに追われ、
ブログが続かない、ブログを書く時間が全く取れない。

時間がないので、隙間時間にと思うが、文章がまとまらず、
結局ブログを続けられず、ブログを書けないまま、日は過ぎていく…

そんあブログを続けられない、ブログが書けない自分にも、嫌気がさし、さらに書かなくなっていってしまう。
誰も責めていないのに、自分で自分を責めだしたり、誰かのせいにしたくなってしまう。

 

2.何を書いていいのかわからない、ネタがない

扱っている商品やサービスのことを書こうと思うが、何を書いていいかがわからない。

こんなこと書いて、意味あるのか?
こんな情報を顧客は求めているのか?

そんな風に思い出すと、すっかり気持ちが落ちてブログが書けず、ブログを続けることが困難になり、
気が付けば何日も日が過ぎている…

日が過ぎいることに気づき、さらにやる気が失せる。

 

3.ブログを書こう!ブログを続けよう!というモチベーションが出ない

何をブログに書いて良いかもわからないし、自分が書いた文章が満足いかず

ブログに書いて良いこともわからないし、
ほとんどブログを書いていないし、
書いた文章にも自信なんてないから、
いざブログを書こう!ブログを続けよう!っと思っても、気持ちが乗ってこない。

 

4.書いても反応が薄いから、アクセスも集まらずやる気でない

ブログを頑張って書いても、思ったようにアクセスが伸びなかったり、コメントもない。
ブログを書き続けることに、まったく意味があるようには思えず、
ブログを続けて書いていこう!という気持ちになれない。

やっていることに意味が見つからず、効果を感じず、心がなえて行ってしまう。

そして、ブログを続けられない、ブログが書けないと、あきらめの日々が続く。

 

5.目的に近づけない

集客目的で書いているのに、1人の集客につながっていない。。
何のために書いているのかわからなくなり、他の方法を模索する時間に、
ブログを書ける時間を使ってしまう。

しかし、結局何もできないまま、時間だけが過ぎていく。

そして、ブログを続けられない、ブログが書けないと、あきらめの日々が続く。

 

6.完璧なブログ記事を求める

伝わるだろうか?
勘違いされないだろうか?
文章がおかしくないだろうか?
読みやすいだろうか?

いろいろ考えて、正解がよくわからなかったり、優れた文章と比べてしまい、
自分の文章が拙く見えてブログが書けない、書き終わらない、落ち込む、ブログが続かない。。

といことを繰り返す。

 

7.ブログ記事の失敗を恐れる

もし、勘違いされたら…
もし、伝えたいことが伝わらなかったら…

とネガティブな発想に覆われて、ブログを書けずに終わってしまう。

 

8.ブログに書いた記事によって恥をかきたくない、

意味のわからない文章だ
何を伝えたいのか、わからないなぁ
誤字脱字が多いなぁ~
てにをはの使い方おかしいよ
漢字が間違ってる~

と言われるのではないかと、恐れてブログを書くことができなくなってしまっている。
そして、ブログを続けられないまま、また日は過ぎていきます。

 

9.ブログで書いたことで、誤解を受けたくない批判されたくない

これってこういう意味ですよね?
あなたの言っていることはおかしいですよ。

といった誤解や、批判されるようなことは嫌だという思いを抱えたまま
ブログを書こうとパソコンに向かうも、書けば書くほど公開を躊躇し、
せっかくブログを書いても、記事を没にしてしまったり、もうイヤだとブログを続けることができなくなってしまいます。

 

10.パソコンやスマホへの苦手意識

パソコンやスマホといった機器への苦手意識が、気持ちを滅入らせてしまう。
その結果、ブログを続けることも、ブログを書くことも、無意識のうちに自分から遠ざけてしまう。

 

どうでしょう?
心当たりがありませんか?

 

ブログを書き続けるコツと極意

ではどのようにしたら、ブログ記事を書き続けることができるのでしょうか?
ここで、私なりにブログを書き続ける極意を考えてみました。

 

ブログを書き続ける10の極意

  1. 完璧を求めない
  2. 早急な成果を求めない
  3. ネタにアンテナを張る
  4. 仲間を作る(応援者)
  5. 方向性の見直し
  6. ターゲットの見直し
  7. ターゲットの悩みの見直し
  8. 続ければ成果につながる
  9. ブログに良いことばかり書かなくて良い
  10. 習慣化と慣れ

 

ではそれぞれを詳しく解説していきます。

 

1.完璧を求めない

最初から完璧なものを求めるのをやめましょう。
何が完璧で、何が不完全なのかはあなたの中のモノサシでしかありません。

読まれる人が、本当に欲しい情報と、文章が完璧にかけているかどうかはイコールではないからです。

例え拙い文章であっても、あなたの提供するサービスや情報で、読まれる方のヒントになったり、救いになったり、欲求を満たすことができる可能性の方がずっと大きいのです。

もし、間違いや勘違いがっても、また修正すればよいだけです。

何もしなければ、良くも悪くも何の反応もない。

反応がなければ、何が良くて何が伝わりづらいのかすらわからない。

反応があったり、失敗があるから、行動の結果ってわかるのです。

だから、まずは行動です。

ブログを書くという行動をすれば、

  • ここで人は勘違いするんだな
  • こういった情報を求められていたんだ
  • こんなことで、役立つんだ
  • こんな伝え方もOKなんだ
  • ここはもっと具体的に、丁寧に伝えた方がいいんだ

ということが、見えてくるんです。

 

2.早急な成果を求めない

ブログ記事1つひとつへの反応は、違います。
またライバルがどの程度いるのか、そのライバルがどんな施策をしているのかで結果は変わってきます。

ブログ記事を書いて、人を集める、情報を提供する。
それによって、人の目に触れる、人が反応をする、会いたくなる(買いたくなる)までには
それ何の道のりが必要です。

ブログ記事を定期的に書き、効果検証チャレンジを続けて1年ぐらいで、

  • 効果を肌で感じ取れる
  • 課題がわかる
  • 次へ進める
  • 広げられる
  • 定着する

といったことが見えてきます。

ブログを書き始めて、1週間。2週間。。。
それでは何も見えません。

続けることが大切なのです。

 

3.ネタにアンテナを張る

ブログを書くネタが内筒い方は、とにかくアンテナを張ってください。

いろんな出来事が日々目の前に繰り広げられています。

「〇〇のために、ブログを書く」という設定を脳内にしておくことで、アンテナを立てることができます。
するとどんどんネタは集まってきます。

脳内にセットしないから、無意識に出来事が流れていくだけなのです。

どれだけ意識するかということが、大切なのです。

 

4.仲間を作る(応援者)

共に励ましあったり、工夫しあえる仲間を得ましょう。

  • ダメな自分でもOK。
  • チャレンジできる自分でもOK。

ただ「目指すものは明確」で、そこへの思いを共有し、工夫や刺激しあえる仲間を持ちましょう。
孤独は、人の行動を止めてしまうだけですから。

 

5.方向性の見直し

  • 何のためにブログを書くのか?
  • 何のためにホームページを運営するのか?
  • ブログやホームページの目的、ゴールはどこにするのか?
  • ブログやホームページの役割を、どこに据えるのか?
  • そもそも、なんのためのブログ?ホームページなのか?

集客や売り上げを上げる方法は、いろいろあります。
戦略も1つではありません。

どうしてもブログ記事を書くことが苦痛なだけなら、戦略の見直しもOKです。
そのためにブログやホームページの役割を見直すことも、大切なことです。

 

6.ターゲットの見直し

誰に何を伝えるのか?
その人は、どんな人なのか?

ここをしっかり自分の中で定着させないでいると、伝える情報にブレが出てきてしまいます。

 

7.ターゲットの悩みの見直し

ターゲットはどんなことで悩み、困っているのか?

このターゲットの悩みや、困ったがあるから、それを解決したくて「検索」をするのです。
ここを理解すれば理解するほど、伝えるべき視点や、角度、レベルがわかってくるので、ネタへのアンテナにより磨きがかかります。

そうすることで、ブログ記事の質が自然と上がり、ターゲットユーザーからの反応が起こりやすくなります。
反応があると、ブログを書き続ける意識が強化されます。

 

8.続ければ成果につながる

成果が上がるには、それなりに時間がかかります。
最低1年を目安に、ブログ記事を書き続けてみてください。

その1年の間に、ブログが書けなかったり、書き続けることが難しいと感じることもあると思います。
それを1つひとつ見直しながら、反応を見ながら、1年は育てるという意思を持ってください。

 

9.ブログに良いことばかり書かなくて良い

ブログでは何が何でも質の良い情報を届けよう!なんて、思わないでください。

質が低かろうが、まずはブログを書くということを習慣化させることの方が、スタート時には大切なことだからです。

またどんな内容の記事が、人の心を動かすか、どんな書き方が、あなたのターゲットする人の行動を促すかは、ある程度やってみないとわからないんです。
質の良い内容の記事だけが、心を動かしたり、行動を促すのではないからです。

そして、お客様はあなたの人となりも知りたいのです。

だから、肩の力を抜いてブログを書き続けるという意識を育てることから始めてください。

 

10.習慣化と慣れ

先にも少し書きましたが、何より「習慣化」を意識してください。

毎日書くことがベストですが、それが難しい人も当然いるでしょう。

習慣化とは、毎日できることではありません。
無意識にもやり続けられる行動です。

そして、何より「習慣化」させるためには、

  • できることからする
  • 行動を細分化し、小さな行動から始める
  • 大・中・小の目標を立てる
  • スケジュールを組む
  • 行動を起こす時間を決める
  • 人に応援してもらう
  • 行動の見直しを続ける

ということを、取り入れてみましょう。

 

そして、習慣化するためにもパソコンやスマホといった機器が苦手という方は、まず「慣れる」ところから始めてください。
慣れるためには、1行でも2行でもパソコンやスマホを前にし、ブログを書くことです。

ブログがどうしても書けないなら、写真アップから始めてもいいんです。

できるところから体と脳を慣らし、習慣化を目指してください。

 

 

ブログが続かない原因と、ブログを続ける極意のまとめ

ここまで読んでいかがだったでしょうか?

そうか!となった方もおられれば、頭ではわかるけど、そうは言っても現実問題…
それができれば苦労しないよ。

という方もおられることでしょう。

 

そうなんですよね。

それができれば、苦労しない

のです(^^)
だから、苦労したくないなら「やれば良い」のです(^^)

 

だけど、できないんですよね(^^;)
それもわかります。

 

私はそんなに頻繁にブログ記事を書いていません。
それにも理由はあります(^^)

それは、私がブログ記事で集客はあまり考えず、人との繋がりによる口コミを選択しているからです。
そして、その口コミで広がる集客から得られる収入で、私が満足しているからです。

 

またどうしても書けないなら、外部のライターへ委託するという選択肢もあります。
※私は、本人が書いた方が良いと考えていますが

 

だから「何を目的に、何のためにそれをするのか?」という見直しも必要ですし、
今いるあなたの位置や繋がりの広さでも、選ぶ行動は変わってきます(^^)

頭を柔らかくして考えた方が良いですよ。

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい