集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

ママのためのはじめての一眼レフ・ミラーレス講座修了|受講記録

昨日は小堀 美沙紀さんの
「ママのためのはじめての一眼レフ・ミラーレス講座」プライベートレッスン2回目でした♪

s__3391520

『ママのためのはじめての一眼レフ・ミラーレス講座』
・ママのためのはじめての一眼レフ・ミラーレス講座こんにちは。こぼりみさきです。この講座を受講した後と前とでは、見違えるような写真が撮れるようになる魔法の講座で…

 

基礎の部分になる講座はこれで修了。

半年~1年「絞り優先」で撮りまくり、慣れてきたら「マニュアル撮影講座」が開講されれば
受講する予定です( *´艸`)♪

今回カメラを習おうということで、先生を探してきたのは娘。
どうしても私の知り合いは嫌だと…(・・;)

小堀 美沙紀先生の
ママのためのはじめての一眼レフ・ミラーレス講座は
こんな人に向いています

  • 一眼レフカメラ初心者
  • 小さなお子様の、今この時の写真をしっかり収めたい方
  • とにかく一眼レフの基本を学びたい方
  • 優しい雰囲気の受講を望まれる方
  • 孫と子供を一眼レフカメラで収めたい、おばあちゃま

ですね(^^)

ママであることはもちろんなのですが、基礎の「キ」から教えてくださいますし、
一眼レフカメラをどうにか活かしていきたい!って方には
こちらの状態をしっかり見て、ペースを合わせて進んでくださる小堀 美沙紀先生の
講座はとっても、とっつきやすく一眼レフカメラを理解するには
とっても良いと思いますよ(^_-)-☆

一眼レフカメラに憧れる
「何がしたいか、何が撮りたいか」わからない

私が初めて一眼レフカメラを身近に感じたのは、まだまだ子供たちが幼かった日。
姉が一眼レフカメラで、子供を撮影していて、その写真を見たとき、
こんな雰囲気で写真が撮れるなんて素敵だな!!

って感動を覚えた、約20年ほど前。

 

そのころ、離婚だなんだとあって、すぐには一眼レフカメラは買えず…
その後仕事でお給料をいただけるようになり、一眼レフカメラ(フィルム)を購入したものの、
現像代とか、フィルム代を考えると、お金がもったいないと感じて結局撮らずじまいで
宝の持ち腐れとなってしまったのでした(・・;)

 

そして、ある講座を受講した際、そこでは受講生の姿をアシスタントがカメラに収めて
講座最終日に、受講生たちの泣き笑いの色々な写真をムービーで見せる。
という流れが組み込まれていました。

その写真たちを見たとき、20年前に感動したあの日を思いだし…
一眼レフカメラが欲しいな…と、想いの再燃。

しかしその時はカメラ購入に至らず。

 

そして、何年か後勤めていた会社で商品写真撮影をすることとなったのですが、
その会社で撮影できる人はおらず…

普通のデジタルカメラで撮影。
商品写真なのに、なかなかのイマイチ写真(・・;)

それでなくても、売れてない商品たち…
売れないだろうな…

という気持ちの中、私やっちゃいます。。
そういうところがあるんですね。

 

見てられなくなる。。。

 

はい。一眼レフカメラ買いました。
数日間で勉強。

そして、ある日会社に一眼レフカメラを持ち込む。
さも持っていたような顔をして、
「そんなに撮ったことないんですが、たまたま一眼レフカメラ持ってたんで撮ってみます~~」
って撮影してました(・・;)

 

デジタルカメラよりは、うまく撮れました。

 

そして、会社は私に気を使って会社で一眼レフカメラを購入。
私のカメラの出番は消滅~~~(・・;)アーァ

 

ということで、一眼レフカメラはまた眠りにつきます…。

 

要するに

  • 撮りたいものがない
  • 何を撮っていいのかわからない
  • 撮った写真の取り扱いは?

そんな感じです。

 

一眼レフカメラで撮れる写真には感動を覚えるも、
自分が何が好きで、何を撮りたいのかさっぱりわからない。
だから、撮った写真をどう保存しておくのか?
保存してて、見返すのかもわからない…

そんな状態(・・;)

孫が生まれた!!

で~~、孫が生まれた!!
ってことで、一眼レフカメラの出番だ!!!

ってなるわけです(*’▽’)

s__51716100

 

可愛くて愛おしくて撮影を繰り返す。
そして、もっと人の表情が撮りたくなり、お仕事関連の方の希望があれば
趣味程度ですが…ということで、練習に写真を撮らせていただいていました。

そんな折、娘も一眼レフカメラを購入。

 

二人して勘で撮るも、困ったが発生したときも勘…
必死です(・・;)

うまく解決できても、理論をわかってないから
再現できない。

これは撮影にも言えることで、
うまく撮れても、理屈をわかってないから
再現できない。

201612210146

時たま、こんな風な写真になってしまうわけですよぉ(^^;)

 

やばい!!
宝の持ち腐れになってしまう!

 

という時に、娘が「キチンとカメラ教えてもらいたいな」と言いだし、
「お母さんの知り合いは嫌だ」ということで、自ら先生を探し出し、
小堀 美沙紀先生のブログへたどりついたのでした(^^)

臨機応変な対応をしてくれた小堀 美沙紀先生

そして、11月に京都で開かれる講座へ参加と言うことで、申し込んだものの、
家族全員での胃腸炎祭りとなり、11月受講を断念。

その時、先生から
「大阪で小さいお子さんを連れては遠いと思うので、プライベートレッスンならそちらまで行きますよ」
という優しい一声。

おチビを連れての京都は、やっぱ遠いよな~~って思っていたところだったので、
「ありがとうございます!」と飛びつき、京都から大阪市の端っこまで先生に足を運んでいただきました。

ありがたい限りです(*’▽’)

2回の受講を通して

今回すべての内容を、2回の講座に凝縮していただきました。
1回目と2回目は、期間を開けますか?と先生から提案があったのにも関わらず、
年内にお願いします!!と嘆願し、1週とびの2回講座にしていただきました。
それほど、早く習いたかったのですよね(^^)

 

そして、1回目は2016年12月13日受講。
座学を中心に、一眼レフカメラの基礎の「キ」を習いました。

基礎の「キ」では

  • 初心者がボカシ写真と撮る4つのポイント
  • 露出とは
  • 絞りとは
  • ホワイトバランスとは
  • カメラの構造
などを学びました。

 

1週間いろんな写真を撮って、疑問質問があれば投げてね。
と先生に言われたのにも関わらず、結局撮る機会無く、本日の2回目受講となりました。

習ったことを実践していない不安はあったものの、
先生はそれを優しく見守ってくださいました(TOT)

 

今回座学では

  • 先週の復習
  • 構図のあれこれ
などの説明を受けた後、近くの公園へ足を運び
先生の指導の元、今までに撮ったことのないあれやこれやを駆使し
たくさんの写真を撮りました(娘が…。)

 

小さい子供の撮影となると、子供の安全も守りたいので、
2人して必死に写真撮るのは、なかなか難しかったですね(^^;)

あーちゃん(孫)ってば、葉っぱを食べようとするし、
犬のウ○チは踏むし…(・・;)

 

ということで、ラッキーなことに私も孫と一緒に
素敵に写真に収まることができました(^^)

 

では今回撮影した写真を発表します~~♪

娘の撮影した写真(勝手に公表)

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

私の撮影した写真(少ない中からピックアップ)

言いわけ…
孫の安全が気になり、カメラの設定をほぼ触れなかった…。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

一眼レフカメラに憧れる!それだけで良い♪

結果、一眼レフで撮れた写真を見て「感動」した私のままで良い(^^)/
それ以上でもなく、それ以下でもなく。

そして「撮った写真をどうしよう」も、わからないならそのままで良い。

ただ、楽しめば良い!!!

 

そのうち、何かに気づくかもしれないし、何かを得るかもしれないし、
何かを表現したくなるかもしれない。

まぁ、来るか来ないかはわからないけど、どっちゃでも良い。

 

ただ、写真撮って良い感じに撮れたら、ただ単純にそれを喜べばいいんだ。
そこに「成果」や「成長」や「役に立つ」を求めない。

ただ撮ることを楽しむ。
ただ撮ることをオモシロがる。
ただ撮ることに感動する。

ムダと思えることを、楽しめば良い♪

 

そして、解っているのは、
私も、娘も、孫も…今この時は一瞬。

その瞬間を収める。
それでいーんだなぁ~~~って思った(^^)

 

どこかで、

  • 無駄なことはしない
  • するなら成果が必要
  • するなら役立つが必要
  • 楽しいだけのために大金はたくのはダメ

そんな思いがあったから、前に進めなかったのであろう。

 

写真撮りながら、そしてこのまとめ記事を書きながら
ふとそんな風に感じました♪

 

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA